島に移住したアラサー♀日記 〜スローライフを求めて〜

淡ミライ(27) 大阪生まれ大阪育ちの私が26歳で淡路島に移住してみた結果。

ニジゲンノモリは本当に二次元だった。

 

『ニジゲンノモリ』

 

 

淡路島の観光スポットと言えば?

でもお馴染みの場所。

 

淡路島公園内にあるこちらのテーマパークは、

アニメ・テクノロジー・自然をテーマしたアトラクションで

まるで二次元のような世界観を体験できるんだとか。

 

 

 

遡ること2020年6月。

 

ちょうど紫陽花が咲く時期に

初めて行ってきました!

f:id:mirai_77:20211025125950j:image

花びらが何枚も集まった1つの大きな花。

 

f:id:mirai_77:20211025130025j:imagef:id:mirai_77:20211025130017j:image

f:id:mirai_77:20211025130021j:imagef:id:mirai_77:20211025130014j:image

こんなに色とりどりの紫陽花を見ることは

今までなかったかもしれないです。

 

見ているだけで

なんだか幸せな気持ちになりますね(*´-`)

 

 

特になんの下調べもせずに訪れましたが、

夫を驚愕させたあるモノが出現!

 

それがこちら。

f:id:mirai_77:20211025130213j:image

忍里!

 

 

夫のテンションがMAXになった瞬間でした。

 

それもそのはず、

漫画を全巻揃えている大のナルト好き(´∀`; )

 

f:id:mirai_77:20211025130308j:image

入り口ではアニメのキャラクター達が

出迎えてくれていました〜!

 

 

中に入ってみるとアニメの世界観が

こんなにもリアルに!!

f:id:mirai_77:20211025130253j:image
f:id:mirai_77:20211025130243j:image
f:id:mirai_77:20211025130247j:image

 

ナルト、サスケ、サクラ、カカシ

くらいしか知らなかった私でも

なんだかテンションが上がってしまいました(笑)

 

ミーハーですみません…^^;

 

 

巻物をもって立体迷路や謎解きミッションに

いざ挑戦!したものの、

 

 

 

思ってたより長時間戦で

ミッションクリアした時にはヘトヘトに(笑)

 

 

 

だけどまるで忍者になった気分で

ナルトの世界を楽しむことができて

まさに二次元体験でした♪

 

1日じゃ足りないくらい

盛りだくさんな内容だったので

営業開始時間から気合いを入れて行くべきかも(笑)

 

 

今年5月からはあの”ドラゴンクエスト”の

世界を冒険できるエリアが誕生したんだとか。

そちらも気になりますね!

 

 

淡路島で1日思いっきり遊び体験するなら

是非ニジゲンノモリで♪

 

 

それではまた^^

f:id:mirai_77:20211025132130j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーの木、買ってみた。

 

突然ですが、観葉植物っていいですよね。

 

見ているだけで癒されるし、

殺風景な部屋にポンっと置くだけで

一気に明るくしてくれる。

 

そんな不思議な力をもつ観葉植物ですが、

 

実は最近『コーヒーの木』を買ってみました♪

 

ジャンっ!

f:id:mirai_77:20211011214349j:image

見てください、この艶のある葉!

 

綺麗ですよね〜。

しかもめちゃくちゃ元気。葉っぱ多っ!

 

 

今までは、枯らしてしまうのを恐れて

サボテンとか日陰に強い植物しか

育てたことがなくて…

 

ちなみに夫は私より大の観葉植物好きで、

パキラとか竹なんかも育ててます。

 

 

コーヒーが好きだからという単純な理由で

買ってしまったコーヒーの木。

 

 

上手く育てていきたいので、

知っておくべきことを調べてみました。

 

まずはコーヒーの木の基本情報を。

 

和名:コーヒーの木

英名:Arabian coffee

科名:アカネ科

属名:コーヒーノキ

原産地:エチオピア

 

本来は日光を好むらしいのですが、

日光不足によく耐えるので

観葉植物には向いているみたいですね。

 

 

夏に強い日差しに当たると、

葉が痛んで茶色く枯れるので

なるべく直射日光は避けたほうが良いそう。

 

日当たりの悪い我が家にはちょうどいいかも(笑)

カーテン越しの優しい日差しが当たる場所に置いてます。

 

ただ、寒さには弱いので

これから冬にかけて心配ですが、

室内なら容易に越冬するみたいです。

耐寒性は5度程度までで、10度以上だと◎

 

 

とにかく根腐れしないように

大量の水やりには注意ですね^^;

必ず表面の土が乾いてから!

 

 

上手くいけば家庭でも

コーヒーの実を収穫できるそう。

 

だけど、開花と実がなるまでには

おおよそ3年から5年かかるんだとか。

 

 

 

夢の自家製コーヒー・:*

叶えられるように頑張ってみます!!

 

 

まあ、いつもコーヒーを淹れてくれるのは

夫なんですけどね(笑)

 

 

 

毎朝夫が淹れてくれた

美味しいコーヒーをソファに腰掛けながら飲んでいる傍ら、

コーヒーの木が癒しの空間を作りだす。

 

鳥のさえずりなんかも聞こえてくる。

 

 

 

 

幸せってこういうことだなぁ。

 

 

 

 

食欲の秋ってやつ。

こんにちは^^

 

最近少し涼しくなってきたかと思いきや、

なんだかまだまだ暑いですね´д` ;

 

10月ってこんなに暑かったけ?

秋はいったい何処に…?

気持ちはもうすっかり秋なんですけど。

 

 

それはそうと、

秋って美味しい食べ物がたくさんありますよね。

なかでも個人的『秋の食』といえばズバリ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一択でございます。

 

 

 

 

芋料理や焼き芋ももちろん好きですが、

やっぱり芋はスイーツが一番合いますよね。

 

 

”食欲の秋”を感じるこの季節、

芋スイーツを食べ尽くしてみたいものです。

 

 

 

 

 

とある日、近くに美味しい芋スイーツないかな〜

とインスタグラムを探っていたところ、

「紅芋ソフト、本日より販売!」

という投稿を見つけてしまったのです。

 

これは行かねば!と夫を強制連行(笑)

 

 

 

そのお店がこちら!

f:id:mirai_77:20211010171535j:image

和風カフェ 菓のん

 

 

実はこちらのお店に行くのは2回目なんです。

 

前回はソフトクリームを食べたのですが、

それれがまた濃厚ミルク!

しかもコーンの先までクリームがたっぷり♪

濃厚なのに甘さは控えめなので絶妙な味でした。

 

 

そして今回食べたのが、

f:id:mirai_77:20211010172129j:image

紅芋ソフト(写真:右)です。

夫はモンブランソフト(写真:左)を注文。

 

パンプキンのコーンが乗っていて

ハロウィン仕様なところがまた可愛いですね。

 

そしてやはり芋は裏切りませんね。

濃厚なソフトクリームとの相性が抜群でした♪

 

 

お店の前にはオススメメニューや

テイクアウトメニューが載せられてます。

f:id:mirai_77:20211011214043j:image
f:id:mirai_77:20211011214047j:image
f:id:mirai_77:20211011214050j:image

 

 

お店は南あわじ市の神代地頭方という地域にあり

辺りは玉ねぎ畑がたくさん。

 

実は、和菓子や和スイーツだけでなく

食事メニューもあるそうです。

 

なかでも一番人気は「炙り塩豚丼」だそうです。

「炙りチーズカレーうどん」とやらもあるそうで、

”炙り”とついてるだけでなんだか食欲がそそられます。

 

 

スイーツを楽しんだあとは、ちょっくら海へ。

 

f:id:mirai_77:20211010175707j:image

 

この日の波は少し荒かったです。

 

でも、波の音って癒されますよね。

ずっと聞いていたいくらい。

 

 

 

それではまた^^

 

淡路島の旨い焼肉屋さん

10月に入り、朝晩は少し涼しくなってきましたね〜(*´-`)

やっぱり過ごしやすい秋が好きです。

 

さて、先日夫と久しぶりに焼肉を食べに行ったのですが、

衝撃的に美味しいお店だったので( ゚д゚)!

これは是非オススメしたいと思い、さっそく記事を書いていこうと思います。

 

淡路島の焼肉屋にはまだ足を踏み入れてなかったのですが、

無性に焼肉が食べたくなって「淡路島 焼肉 人気」と検索すること30分…。

贅沢なものを食べる時のお店選びは夫婦そろって慎重なもので(笑)

 

恥ずかしながら、大阪に住んでいた時は

焼肉と言えば食べ放題!ってのが定番で( ̄▽ ̄;)

 

今回は奮発して、いい肉食べてきましたよー!!!

 

 

そのお店がこちら!

 

f:id:mirai_77:20211004175837j:image

 

焼肉ちはる

 

お店は洲本市の小路谷というところにあり、

観光ホテルが並ぶ周辺です。

 

メニューはこんな感じ。

f:id:mirai_77:20211004203635j:image

 

 

 

 

手始めに塩タンから(*´ω`*)

f:id:mirai_77:20211004203816j:image

個人的に塩タンって無限に食べれる気がします。

 

こちらはロース、上バラ、骨つきカルビ、ハラミ。

f:id:mirai_77:20211004180445j:image

特にロースが柔らかくてとろけるほどの旨味でした。

 

 

 

今までホルモンはあまり好んで食べてこなかったのですが、

今回はシンゾウと上ミノを食べてみることに♪

f:id:mirai_77:20211004204533j:image

(左上:シンゾウ、右上:上ミノ)

歯応えがあって、これは癖になるやつでした。

 

 

いやぁー、炭火焼肉最高ですね(*´д`*)

 

 

店内は落ち着いた雰囲気で、

個室でゆっくりと焼肉を堪能できるのも非常に良かったです。

 

 

是非また行きたいと思います♪

 

 

それではまた^ ^

淡路島バーガーが旨い件。

こんにちは^ ^

先日、コロナワクチン接種2回目を無事終えまして、
ホッとしている今日この頃です。

副反応は、37.5度の熱と全身の倦怠感。
解熱剤を服用したので、それ以上悪化することはなかったです´д` ;

夫と同じタイミングで接種したので、
2人してダウン…
食欲だけはしっかりありましたが(笑)



さて、本題に入りましょう^ - ^


淡路島に移住してから約5ヶ月が経ち、
振り返るとたくさん美味しいものを食べてきたな〜と。

おかげさまで、夫婦共々ブクブクと太りつつあります。(笑)


淡路島には古民家カフェや淡路産にこだわったお店など、
わくわくするグルメがたくさんあるので、
いまだに観光客気分を味わっております♪


せっかくなので、これまで訪れたお店を
少しずつご紹介していきたいと思います。



今回は、”あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン"をご紹介♪

なんと、こちらのお店には全国ご当地バーガーグランプリで
1位と2位を受賞したバーガーがあるんです!

その2つがこちら。


☆1位 あわじ島オニオンビーフバーガー 税込660円
(淡路島産玉ねぎカツ、淡路牛、濃厚プレミアムトマトソース、レタス、隠し味に辛子マヨネーズ)

☆2位 あわじ島オニオングラタンバーガー 税込660円
(淡路島産玉ねぎカツ、淡路鶏、オニオングラタンソース、肉味噌、オニオンフォンデュ)


玉ねぎが主役のこちらのバーガーは、それぞれ厚さ約8㎜の淡路島産玉ねぎカツがサンドされており、
サクサクの食感と玉ねぎの甘味を存分に味わうことが出来ます♪



淡路島定番のグルメスポットとも言われているバーガー店。

お店は、南あわじ市福良にあり、
本店(道の駅うずしお)と、うずの丘店(うずの丘大鳴門橋記念館)の2店舗です。


淡路島バーガーをまだ食べたことがなければ、まずはこちらのお店に行ってみてはいかがでしょうか^^


こちらは本店のテラスにて。

f:id:mirai_77:20210927151334j:plain

最高の眺めですね〜〜。
※肝心のバーガーの中身は撮り忘れてました(笑)



それではまた^^

だから移住した。

9月半ばになってもまだまだ暑いですね´д` ;

ちなみに、夏生まれですが夏は苦手です…。

 

さて、前回の記事「よし、淡路島に住も。」の続きといたしまして、

今回はより詳しく”移住した理由”について書いていこうと思います。

 

 

もともと私も夫も自然が好きで、

キャンプやハイキング、絶景スポット巡りなど、

休日はわりとアウトドアな日々を過ごしてきました。

 

そのたびに、自然が与えてくれる安らぎや癒しに心が満たされました(*´ω`*)

 

都会で過ごしていると、満員電車で通勤、

土日はどこ行っても混雑、店は予約しないと順番待ち、車は渋滞。

せっかくの休日でも、待つことに時間を取られることがしばしば。

 

 

正直、ストレス社会や人混みに疲れたんですよね…。

そりゃ、ブログタイトルもそうなるわって思ってくれましたか?(笑)

 

 

 

はい、そうです。

スローライフを求めて移住しました。

 

冒頭でより詳しく書くとか言っときながら、いたってシンプルですみません(笑)

 

それを機に入籍し、新婚生活を田舎で過ごしているわけですが、

まさか島とは!(笑)

さすがに想像もしていなかったです。

 

 

忙しない都会から離れて、田舎で自然を感じながら、

ただ大切な人と過ごす時間を大切にしたかった。

 

タイムイズマネーですよ、切実に。

 

 

都会の便利さが当たり前すぎて、

少しギャップを感じることもありますが、

彼とだったらどこに住んでたってなんとかなるし、

結局楽しくなることがわかっていたので後悔などしていません。

 

 

晴れた休日には、必ずと言っていいほど海を見に行き、

気がつけばもう淡路島の海はほとんど知り尽くしてます。

f:id:mirai_77:20210921192345j:image

同じ海でも、雲の多さで色が変わり、全然違った景色が見れる日常。

 

 

そんな平凡で幸せな日々が続きますように^ ^

よし、淡路島に住も。

突然ですが、田舎と都会どっち派ですか?

 

私は断然、都会派!

 

 

 

 

でした。1年ほど前までは…。

 

 

 

 

田舎なんて不便、虫が多い、熊に襲われそう、オシャレなお店や大型ショッピングモールがない、最新の設備が整っていない、移動に時間がかかる…

 

 

本当にマイナスなイメージしかなかったです。

 

 

それもそう。

生まれてこの方、26年間、大阪から離れることのなかった私。つい5ヶ月前までは実家暮らしでした。

 

 

一人暮らしを夢見てた時期もありましたが、結局大好きな実家を離れることができませんでした。というか、甘えれるだけ甘えたかっただけなのかもしれません…。

 

一人で住むなら、市内で交通が便利で買い物も楽しめるようなオシャレな場所を選んでいたことでしょう。単純ですよね。

 

 

そんな私がなぜ淡路島に移住することになったのか。

 

f:id:mirai_77:20210920150725j:image

 

遡ること1年3ヶ月前。

2020年6月、初めて淡路島へ上陸。

 

車窓から眺める広大な海。

明石海峡大橋を渡るだけで心が浄化されます。

 

 

実はもともとインドアだったんですよね。

だから旅行とか遠出とか頻繁に行くタイプではありませんでした。

 

今でこそ「趣味:アウトドア」とか言ってますけど。

 

 

都会では感じることのない大自然

その美しさや広大さは、当時の自分の人生観や価値観を変えてくれたような気がします。

 

 

そう感じたのは、紛れもなく今の夫との出会いが、私の人生の分岐点だったからです。

この話はまた後々…

 

f:id:mirai_77:20210920154337j:image

 

空が広い…。空気が美味しい…。

 

 

 

都会では一切感じることはなかったです。

 

 

 

海や山が広がる大自然ドライブ。

「将来こんな自然いっぱいあるところでのんびり暮らしたいなぁ」

 

 

 

偶然にも、運転席の彼氏(現在は夫)と感じたことが同じでした。

 

 

「住むなら平家がいいなぁ」

「庭で野菜育てて家庭菜園とかもありちゃう」

「テラスも作りたいなぁ」

「海沿いサイクリングもしたいなぁ」

「子供はいい子に育つやろうなぁ」

 

 

そんな理想をあれこれと語り合いながら、

近いうちにまた来る約束を交わし、黄昏の夕日を背に帰路へ。

 

それから気づけば移住するまでに5回以上、

淡路島に遊びに行きました。

 

 

自然の魅力にどんどん引き込まれていく。

 

 

 

その後、まさか1年も経たないうちに

住むことになるとは。

 

 

 

つづく…